2014年4月18日 (金曜日)

2685 底原ダム小島の今昔

 

前に一度ご紹介  しましたが、動画だけでもう一度見ていただき、確かに底原ダムの水位が下がっていることをご確認いただきたいと思います。 

まずは地図から。

20140414sokoharadamu_tizu

 

底原ダム北側にある小島の動画です。

 

底原ダム北の小島 2009年07月03日[.flv]

       

底原ダム北の小島 2014年04月17日[.flv]

5年間に一体何が起ったのでしょうか。確かに水位が低くなっていますね。

 

 

 

 

 
 
 
 

2684 ANA機着陸

 

撮影月日:2014/04/17  10:32
撮影場所:新石垣空港

 

前回の 2682 さくらジンベエ着陸 に続いてANA機が着陸しましたので、動画でどうぞ御覧下さい。 

 

ANA機着陸[.flv]

            




 

2683 韓国船転覆(地図)

 

ブログ記事 2681韓国船の転覆 で

 

私がこの事故について、大いに憂えている旨表明しましたが、地図を欠いていました。

場所がはっきりしないと、この憂えは大きくなりにくいと思い、地図を探しています。

 

引用先は次の通りです。

 
  1. 船舶事故の詳しい場所の説明は、毎日新聞より。 
  2. そこに見られた珍島の北にある屏風島を探したのが、韓国地図(完全日本語版)。 
  3. さらにGoogleMapで探し、加工しました。
 
 

ではできあがった地図を御覧下さい。

20140418kankoku_kkyakusen_tenpuku_t

ただし、屏風島の北20kmの海上というと、これら島々の近くではなくてもっと上になり、「わざわざ屏風島」を引用したのに疑問をもちますが・・・・、まぁいいでしょうか。

皆様も上の韓国地図でご確認ください。

 
 

ついでに、天童よしみの「珍島物語」歌詞で見られる地名「海が割れるのよ~ 珍島(ちんど:진도) 芽島里(もどり:모도리)」で検索して地図を作成しておきました。歌詞内容の真偽については、もちろん保証できません・・・・(笑)。

 

20140416kankoku_tizu_tindo_modori_u  

 

この歌の歌詞では「♬ 海が割れるのよ~ぉ」となっていますが、今回の事故で「♬ 船が割れるのよ~ぉ」にならなかったのは不幸中の幸いとも言うべきで、通常船が転覆する映像では折れてしまう印象が残っています。

とはいえ、救助を急ぎましょう。二次災害が発生しない範囲で全力を尽し。

 

もうこうなったら、オマケ! 珍島(ちんど)芽島里(もどり)のハングル分析です(笑)。

20140418hangeul_alphabet_nihongo__2  

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

2682 JTA桜甚平

 

撮影月日:2014/04/18 10:27
撮影場所:新石垣空港

JTAの「さくらジンベエ」が着陸しようとしています。 

JTAさくらジンベエが着陸 [960x540.flv]

       

 

 

ちゃんとした静止画はこちらにありました。

20140417_102723jta_sakurajinbee_jta

 

 

 

 

 

 

2014年4月17日 (木曜日)

2681 韓国船の転覆

 

2014/04/16 に韓国南部で客船が転覆した事故。

報道によれば、正しいかどうか分りませんが、事故直後に・・・・

 

  • 船内放送で、客が船室にとどまるよう指示があった。
  • 船内放送で、海へ飛び込むよう指示があった。〔ただしニュースでは当時の水温は12.6℃と冷たい〕 
  • 船長や機関士がいち早く救命ボートで脱出したが、韓国の船員法「船長が最後に船を出る」という規定に反するのかどうか。もしもこれが韓国の航空機事故なら、墜落まえに機長や操縦士だけが脱出するのだろうか。
  • 先日まで日本で運行していた船を韓国企業が購入したが、船体の上部に客室を造築した形跡がある。
  • 船内の積み荷の一部が固定されていなかったためか、コンテナが海に投げ出されている。また投げ出されなかった積み荷が船内で前後左右に移動し船の重心がふらついたか。
  • 475名の乗船者の中で、半数以上が行方不明、つまり船内に生死不明のまま取り残されている。これはまだ救出の可能性が・・・・。
  • 日本から救援を伝えたが韓国がこれを断わっている。中国どうようにメンツにこだわる国柄か。
 

乗船者:「乗員」とすると「乗組員」つまり仕事として乗っている勤務者のような印象を与えるので、ここでは乗船者(=乗員+乗客) としておきました。他にいい表現方法があるとは思いますが。 

 

先に中国では海外の技術協力で高速鉄道を導入し一部改造して特許を申請するとか、韓国でも船舶を購入後に造築増室する、など安全面を十分に考慮しているのかどうか、おおいに疑問を感じる中韓の手法です。

どちらにしても、何とか救助を進めなければなりません。

 

先の

 

東北地震や原発事故に対して韓国からも多くの支援があったと聞いていますが、その後の日韓関係の悪化で「支援したのを後悔する」とする意見があったようですが、これはほんの一部の心ない韓国人に限られるだろう、と思っています。

もしも、ですが、今回の事故が仮に日本で起ったとすれば、一部の心ない韓国人が日韓の冷え切った風潮の尻馬にのって「ざまをみろ」などとわめくことは明らかですが、日本人はそんなことをしないのです。

 

日本人の多くは

 

いくら日韓関係が冷え切っているとしても、韓国で起った今回の事故に対しては、心から憂えているのですよ。政治環境が心情を上まわることは、決してないとは言えないものの、ほとんどない、これが日韓の違いでしょうか(笑)。

またこれも日韓の違いですが、私がこう表明したところで、つまり、日本人が心から韓国での事故を憂えていると表明しても、日本では、決して世間からたたかれるという事態は発生しないのです(笑)。

韓国では少しでも日本(人)を憂えるそぶりを見せるなら社会的制裁を受けるため、めったなことを言えないようですね。「親日家」などと言われようものなら、もう生きていけないとも。

 

そうですね、韓国も、もう少し社会の品格を上げる必要があると思います。そうでないと韓国が永久に中国の価値観を踏襲し、地理的にも中国の属国であり続けてしまうことを、これまた憂えています。

 

こう、老婆心ながら述べておきます(笑)。

 
 
 
 
 

 
 
 
  
 
 
 
 
 

2680 笹井会見

 

STAP細胞問題で

 

先日の理研ユニットリーダー小保方の記者会見に続いて、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの副センター長笹井が記者会見しました。

小保方の時よりは記者の質問レベルは高かったような印象で、その一部をネット中継で視聴しました。テレビ生中継はなかった模様です(小保方の時には生中継された)。

先に若い女性リーダーを全面に出して発表、問題発覚でユニットリーダーのみが会見、今回は上司に当たる副センター長が会見したわけです。

別々に会見するなど、企業体で内紛があるときのような状況さえ思わせます(笑)。

 

笹井会見では、通常の企業でみられる 

 

組織の責任については、何ら触れられるところがなかったようです。

企業体ではない「理研」という特殊さゆえか、形式程度の組織を保ちながら、たんなる技術屋集団のようで、組織的に派手にSTAP細胞の発表をしたかと思えば、問題が起ると組織としての責任を回避しています。

 

 

この「組織論」には多様な意見があると思います。

技術者の集まりの場合

  • いい意味では妙な組織や縦割りの弊害に惑わされることなく、存分に力を発揮できるという利点がある。
  • しかし何か問題が発覚したときに、個々の技術者が自分の責任をできるだけ回避する行動に走る欠点がある。
 

どちらがいいのでしょうね。

 

理想としては「組織がしっかりしているけれども、個々の技術者が自由意志の元で研究に没頭できる環境」がいいのかも知れませんが、「悪くすると組織的な問題点に目をふさぎ、ここの研究テーマに没しながら責任回避の手法に長ける」心配があります。

 

小保方に同情する意見がみられますが、私の意見は・・・・ 

 

理研が、研究者小保方の未熟さを補う組織力を欠いていて、なんとか組織の責任を避けようとし、理研理事長野依(のより)の進退伺いがでて一件落着となり、通常の企業で見られる組織再編成には至らないだろう、と推測します。

 

つまり

 

  • もしも高度な研究成果がでれば理研の誉れ
  • もしも論文に欠陥があれば個々の研究者の未熟
 

で終わらせたいのでしょう。

 

今後の展望ですが

 

  • 理事長に、企業の組織を十分経験してきた人物を充てること。
  • もし現在の理事に上記条件に該当する人物がいたとしたら、理事責任を明確にして抜擢し、理研の広報を一本化し組織を改革すること。福島原発事故で東電の広報が見せた不手際を思い出させます。
  • 不祥事が再発しないような抜本的改革をおこない、なおかつ自由闊達な研究を推進する手法を創り出すこと。
 

などがあります。まぁ私などの意見など、何の参考にもならないでしょうが、一応述べておきます(笑)。

 

最後に、ゆれる表記について・・・・

 

小保方氏 と 小保方さん と 小保方ユニットリーダー

笹井氏 と 笹井さん と 笹井副センター長 

 
 

各紙の記事で、まちまちでした。

 

取材先の人物が用いた言葉と新聞社の言葉を見分けたいものです。 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2679 ClubMed周遊道路2

 
 

撮影月日:2014/04/10
撮影場所:石垣島川平

 

前の記事に続いて、いよいよ川平の北西先端部分へやってきました。

まず地図をどうぞ。いつものようにGoogleMapを加工しています。

20140410clubmed_shukaidouro_tizu_2

 

動画です。時間が長いため4倍速にしてファイルの大きさを押さえました。

周回道路1_4倍速 [640x360.flv]

            

 

ついでに逆走行(反時計回り)してみました(笑)。よゐこの皆さんは真似をしないでね!

周回道路2_4倍速_逆回転 [640x360.flv]

       

 

 

 

 

2014年4月15日 (火曜日)

2678 ClubMed周遊道路1

 

撮影月日:2014/04/10
撮影場所:石垣島 川平

  

ClubMed の周回道路その1です。

川平(かびら)の中心から歩道道路を北西方向へ向かうと、やがてクラブ・メッド(ClubMed)の敷地に入っていきます。動画ではそのあたりをご紹介しています。

まずは地図からどうぞ(GoogleMap)。 

20140410kabita_clubmed_tizu

動画です。 

周回道路その1 [640x360.flv]

           

 
 
 
 
 
         

2677 底地ビーチ

 

撮影月日:2014/04/10  10:42
撮影場所:石垣島底地〔すくち・そこち〕ビーチ

 

石垣島の北西部にある川平(かびら)地区。

 

この西側の崎枝湾に面した底地(すくち・そこち)海岸では、東側にある川平湾に優るとも劣らない美しさが見られます。

季節にもよりますが、観光客でごったがえす景勝地「川平湾」よりも、こちらの底地海岸のほうがゆっくり絶景を堪能できると思います。

ただし「店も何もないのは、イヤ」と思う人は、川平湾へど~ぞ。そちらにはバスもタクシーもお土産店もありますから(笑)。

 

まずは地図から。GoogleMapさんありがとね。

20140412sokoti_tizu

撮影場所をGoogleMapで見たい場合、次をGoogleMapの検索窓へ貼り付けて下さい。

24.46507,124.123072

静止画像です。

20140410_103940sokotikaigan

動画も用意しています。今回特別に、いろいろな動画形式で提供しました。

底地海岸 [.mp4]

底地海岸 [.wmv]

底地海岸 [.flv]

           

 
 
 
 
 

2014年4月14日 (月曜日)

2676 カンムリワシ

 

撮影月日:2014/03/24  10:25
撮影場所:石垣島名蔵

カンムリワシを御覧下さい。

静止画像です。

20140324_102658nagua_kanmuri

動画はこちら。

カンムリワシ  [920x1020.flv]

           

 
 
 
 
 

 
ユーザー画像

最近の記事

最近のトラックバック

フォトアルバム

カンムリワシ

  • 20071223170
    ブログ「石垣島のカンムリワシ」で紹介したカンムリワシの写真を中心にして掲載しますが、その他の景色もいくつか追加する予定です。画面上段の  次>> を押せば次の写真を拡大表示するので、雑文など読みたくないという方に相応しい形式です。必要な時に文章を読めばいいのです。

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30